歯を白くする食べ物や飲み物はある?

歯を白くする食べ物 果物 野菜

 

残念ながら、『食べるだけで歯が白くなる』魔法のような食べ物はありません…

 

しかし歯の白さを保つのに役立つ食べ物・飲み物はあります。意識して食事メニューに取り入れるだけで、黄ばみにくいキレイな歯を作ることができますよ(*^^)b

 

 

歯の白さを保つ食べ物

リンゴ酸を含む食べ物

歯を白くする食べ物 リンゴ酸

■りんご、梨、なつめ、ざくろ、サクランボ、いちご、バナナ、赤ぶどうなど
リンゴ酸には歯の黄ばみ・汚れを落とす働きがあります。ホワイトニング剤や歯磨き粉にもよく使われる成分で、酸味があるため唾液の分泌も促してくれます。

 

ただしリンゴ『酸』という名前のとおり、過剰に摂取して長時間放置すると歯もダメージを受けることがあります。果物は糖分も多いので食べ過ぎは避け、食後は歯磨きを忘れずに。

 

パパインを含む食べ物

歯を白くする食べ物 パパイン

■パパイヤ、パイナップル、キウイなど
パパイヤの果実乳液から抽出される成分で、汚れに働きかける酵素。歯垢の主成分であるたんぱく質を分解する性質があり、こちらもホワイトニング剤によく使われています。

 

この中でもパイナップルはエナメル質を強くするビタミンA、歯肉の健康に役立つビタミンCも豊富なおすすめ食材。

 

繊維質の食べ物

歯を白くする食べ物 食物繊維

■ごぼう、人参、セロリ、レタス、キノコ類、りんごなど
繊維質の食べ物は「直接清掃性食品」と呼ばれ、歯の汚れを絡め取る『天然の歯ブラシ』に。また噛む回数も増えるので唾液の分泌量が増え、虫歯予防にも効果的でしょう。

 

デメリットとしては歯と歯の間に挟まりやすいので、こちらも歯磨きをしっかりと。

 

無糖のプレーンヨーグルト

歯を白くする食べ物 ヨーグルト

ヨーグルトはカルシウムが豊富で歯を強くすることができ、エナメル質の再生と保護の役割を果たします。また乳酸菌の力で口腔内フローラを整えるとされています。

 

ポイントは『無糖』に限ること!お砂糖たっぷりのヨーグルトは逆効果なので、パックの表示を必ず確認しましょう。

 

バナナの皮で歯が白くなる?

バナナの皮には、歯の表面の着色汚れを落とすフルーツ酸やカリウムなどが含まれています。そのため『バナナの皮で歯をこすると白くなる』という噂がネット上でも話題になりました。

 

しかし実際のところ、その効果は半信半疑。また、歯がフルーツ酸に長時間さらされるとエナメル質を溶かすリスクもあります。あまりお勧めできる方法ではありません。

 

歯の白さを保つ飲み物

牛乳

歯を白くする飲み物 牛乳

牛乳は『アルカリ性』の食品なので、虫歯や色素沈着しやすい『酸性』の口内を中和してくれます。またカルシウムやビタミンDを含むので、歯の健康を保つのにも効果的。口臭予防もしてくれる優れもの!

 

緑茶

歯を白くする飲み物 緑茶

緑茶には抗菌・抗酸化作用がある『カテキン』が含まれていて、虫歯予防に効果的。また歯にいい『フッ素』も少量含まれているので、虫歯の原因となる酸に対抗してくれます。

 

ただ、お茶に含まれる『茶渋』は歯に付着しやすいです。飲んだ後は水などで軽く口をゆすぐと良いでしょう。

 

ココナッツオイル

歯を白くする飲み物 ココナッツオイル オイルプリング

ココナッツオイルには分子の細かい脂肪酸(カプリル酸・ラウリン酸など)が含まれています。『食べる』のではなく、オイルプリングと呼ばれる『うがい』に使うことで口内のプラークを引っ張り出してくれます。

 

ステインが付きやすい飲み物は多い

ココア、ワイン、コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶、ほうじ茶、コーラ…などなど歯が黄ばみやすい飲み物は非常に多いです。

 

神経質に避ける必要はありませんが、お砂糖たっぷりの清涼飲料水は控えめにした方が歯のためにも良いでしょう。また食後一杯の水を飲むのも着色予防のひとつ。

 

歯を強くする栄養素

歯を強くする栄養素

ビタミンA

■人参、ほうれん草、りんご、ブロッコリー、モロヘイヤ、鶏レバー、うなぎなど
ビタミンAには骨や歯の発育を助け、歯の表面にある『エナメル質』を強化する働きがあります。また口腔内の免疫力を高めるので、歯周病予防にも効果的。

 

カルシウム

■牛乳、ヨーグルト、チーズ、いわし、エビ、カニ、海藻、ごまなど
カルシウムは歯の主成分で、虫歯予防や歯を強くする役割を果たします。リンとともに意識して摂取すると、エナメル質が再生されやすい状態を保つことができます。

 

ビタミンD

■干し椎茸、しめじ、レバー、紅鮭、チーズ、鶏卵など
カルシウムやリンが吸収されるのを促進してくれます。特にカルシウムは単体だと吸収されにくいものなので、ビタミンDを含む食品とセットで摂るのがおすすめ!また日光を浴びることで体内でも合成されます。

 

ビタミンC

■アセロラ、ピーマン、ゆず、キウイ、ブロッコリー、レモンなど
ビタミンCは歯茎や歯肉のもとになる『コラーゲン』に働きかけ、歯肉の出血や炎症を抑えます。強い歯を育てる土台作りに役立ちます。

 

キシリトール

■いちご、カリフラワー、イエロープラム、ラズベリー、チコリなど
天然に存在する甘味料。ガムや歯磨き粉で良く名前を聞きますが、意外にもいちごの甘さはキシリトールによるものなんですよ!

 

砂糖と同じ甘味がありながら虫歯の原因にはならず、逆に虫歯の発生・進行を防ぎます。歯の再石灰化も促進してくれます。

 

歯にいい食材ならコレがおすすめ!

歯にいい食べ物

 

りんご

歯の汚れに働いて白さを保つ『リンゴ酸』、虫歯菌が出す酵素の働きを阻害する『リンゴポリフェノール』など歯にいい成分たっぷり!丸ごとかじって歯垢を除去。

人参

ビタミンAが豊富で、歯の表面のエナメル質を強化してくれます。繊維質な食べ物なので食事メニューに1品入れておきたいですね。

ブロッコリー

エナメル質を強化するビタミンA、酸から歯を守る鉄分が豊富。歯の表面に細かい膜を作り、色移りや着色から守ってくれます。

 

すでに着色してしまったら

歯の着色汚れを防ぐジェル

 

ステインがこびり付いた歯は、食べ物では白くなりません。専用のジェルや歯医者さんの施術によるホワイトニングで、ステインを落とす必要があります。

 

中でもホワイトニング専用のジェルなら

 

  • いつもの歯磨き粉と置き換えるだけでOK
  • 月々の費用がリーズナブル
  • 歯医者さんに通わず自宅でできる

 

などメリットがあります。使い方も簡単なので、あなたが白い歯を取り戻すサポートをしてくれますよ♪

 

 

▼簡単に黄ばみゴッソリ!▼

歯の黄ばみを取る方法 歯を白くする食べ物&飲み物

 

 

>> 【歯の黄ばみを取る方法】  TOP

 

 

歯の黄ばみ取りの関連ページ
▼ホワイトニングの費用 ▼電動歯ブラシの効果
歯医者 歯を白く 値段 ホワイトニング 電動歯ブラシ ランキング
▼着色しやすい人の特徴 ▼正しい歯みがき方法
歯が黄ばみやすい なぜ 歯磨きのやり方 白くする