歯のホワイトニングに掛かる費用は?

ホワイトニング 費用 いくら

歯の黄ばみをとる際に最も確実な方法は、歯医者さんに行きホワイトニングをしてもらうことが挙げられます。しかし歯医者さんに行くことは、診察してもらうことでもありお金がかかります。

 

その際に歯の黄ばみをとりホワイトニングをすることにどの程度のお金がかかるのかを知っていれば、払える金額かどうか、相場より安いのか高いのかを知ることができ安心して行くことができます。

 

かかる費用については歯医者さんやホワイトニングの方法によって違いが大きいものになります。

 

施術内容によって費用が変わる

オフィスホワイトニング

ホワイトニング 費用 オフィスホワイトニング

歯医者さんで通院して行なう方法です。歯にホワイトニング剤を塗布し、強力なライトを照射することで漂白作用と一気に促進させます。歯科医師が直接薬剤を扱うため、比較的濃度の強い薬剤を使います。そのため非常に効果が高いです。

 

1回につき約1時間ほど。費用は一般歯科で1回3〜5万円前後、ホワイトニング専門の歯科で1〜3万円前後と言われています。目標としている白さになるまで何度か通院することになるので、トータルでの費用は10万円を超える場合もあります。

 

ホームホワイトニング

ホワイトニング 費用 ホームホワイトニング

歯医者さんに指導を受けながら自宅で行なう方法です。事前にホワイトニングを行っている歯医者さんで、自分の歯型を取ってもらい、専用のマウストレー(マウスピース)を作ってもらいます。それにホワイトニングジェルを塗り、歯に装着します。

 

1日2時間ほど、そのまま装着し続けます。飲食はできませんが、自宅で気軽にホワイトニングができます。毎日続けることで効果はアップします。初期費用はマウストレー作成で1万5千〜2万円、ジェルが5千円ほど。ジェルは消耗品なので、無くなったら都度購入します。

 

全ての歯をやるのか、見える部分だけかによって費用は変わります。また歯医者さんによっても値段が違うので、クリニック選びは慎重に行なうようにしましょう。

 

ホワイトニングに保険は効く?

ホワイトニング 費用 保険

風邪を引いて病院に行ったり、虫歯で歯医者に行っての診察には保険が効きますが、歯の黄ばみをとること自体は治療ではありません。この場合、保険は効くのでしょうか?

 

歯の黄ばみをとりホワイトニングをすることは、基本的には医療目的ではなく美容目的で行なうことが多いため、保険適用外となります。そのため保険が効き3割の自己負担で済むわけでなく、全額自己負担となりその分、料金もそれなりにかかることになります。

 

ホワイトニングをする場合には、事前にインターネットなどで調べて

 

・どれくらいの費用がかかるのか

 

・どのようにきれいにしていくのか

 

・歯をどれくらい白くしたいのか

 

 

を知ることにより、自分にとって最適な方法を選ぶようにしましょう。

 

ホームケアで安く抑える方法も

ホワイトニング 費用 ホームケア

歯医者に行って施術してもらうより、指導を受けながら自宅で行なうほうが安くなりますが、その他にも市販品を利用して自分で行う方法もあります。

 

市販品を利用して自分で行う方法は、医師による指導などがないためとても安く済ませることができ、市販の薬剤を購入しても5000円から1万円ほどで済ますことが出来ます。

 

しかし市販品を購入するということは医師の指導がないため、説明書をきちんと読み、正しく使用することが重要になってきます。また市販品は様々な商品があり、効果もメーカーなどのにより違ってきます。

 

そのため情報を調べることは重要。ネットで調べたり、スタッフにもどれがいいのかを聞いたりして購入するものを失敗しないようにしましょう。

 

▼簡単に黄ばみゴッソリ!▼

歯の黄ばみを取る方法 おすすめホワイトニング用品

 

>> 【歯の黄ばみを取る方法】  TOP

 

 

歯の黄ばみ取りの関連ページ
▼着色しやすい人の特徴 ▼電動歯ブラシの効果
歯が黄色くなる 人気の電動歯ブラシ
▼歯を白く保つ食べ物 ▼正しい歯みがき方法
歯を白くする食べ物 歯を白くする磨き方