正しい歯磨きで白い歯を保つ

歯を白くする磨き方

 

歯を白さは、普段の歯磨きに大きく左右されます。「いくら磨いても歯が黄ばむ」という人は、ひょっとしたら正しく歯を磨けていないかもしれません。

 

こちらでは、

 

  • 歯ブラシの動かし方
  • 1回あたりの時間やタイミング
  • 自分に合う歯ブラシの選び方

 

などをまとめています。毎日の歯磨きで白い歯を目指しましょう♪

 

 

歯を白くする磨き方

歯ブラシの動かし方は細かく

歯を白くする磨き方 歯ブラシの動かし方

 

歯ブラシを動かすときは力を入れず細かく動かすのが鉄則です。力の入れ具合は毛先が広がらない程度で、歯に当てたまま細かく左右(上下)に動かします。

 

いつも通り握って毛先が広がる人は、持ち方を変えてみましょう。鉛筆を持つ時のような形で『つまむ』感覚で握ると、適度な力の入り具合になります。

 

歯ブラシを当てる角度は?

基本は『スクラビング法』という、歯に対して90度で当てる磨き方をします。歯ブラシの毛束が直角に当たるので磨き残しが少ないです。

 

歯と歯茎の間を磨くときは『バス法』という斜め45度で当てる方法で磨きます。歯周ポケットに溜まるプラークをキレイにかき出せます。力を入れると歯ぐきから血が出るので、軽い力で磨きましょう。

 

歯の位置によって磨き方を変える

歯を白くする磨き方 歯ブラシの角度

 

前歯と奥歯、歯の表側と裏側…と、生え方がそれぞれ違います。歯の部位に合った磨き方をすると白い歯に近づけます。

 

■前歯・表側
歯ブラシを寝かせ、歯肉をマッサージするように小刻みに動かします。

 

■前歯・裏側
歯ブラシを立たせ、根元から歯先へ歯垢をかき出すように動かします。

 

■奥歯・表側〜上部
歯ブラシを寝かせ、歯と歯のすき間を意識しながら細かく動かします。特に表側は歯ブラシが届きにくいので、入念に磨きましょう。

 

■奥歯・裏側
歯ブラシを斜めにし、歯と歯のすき間を意識しながら細かく動かします。

 

■歯と歯茎の間(根元)
歯ブラシの角度を45度くらいで当て、力を入れず軽い力で前後に動かします。歯垢が溜まりやすい箇所なので、入念に磨きましょう。

 

■歯間(歯と歯の間)
歯ブラシの毛が届きやすい方向から当て、毛先がとどまるように動かします。取り切れない場合は歯間ブラシやフロスを使用します。

 

歯磨き時間は1回15分前後

歯を白くする磨き方 時間

 

様々な歯科のサイトで言われているとおり、歯磨き1回あたりの時間は10〜15分程度が理想とされています。全ての歯を均一に磨くのではなく、

 

  • 着色が目立ちやすい前歯
  • 食べカスが詰まりやすい奥歯
  • 磨き残しの多い歯の裏

 

を特に丁寧に磨きましょう。鏡を見ながら1本1本磨くのが理想です。初めは面倒に感じますが、慣れるとテレビを見ながらでもきれいに磨けるようになりますよ。

 

1日の歯磨き回数

歯を白くする磨き方 回数

 

起床直後は口内が一番不潔な状態です。理想は起床後と毎食後の計4回ですが、

 

  • 朝食後
  • 夕食後

 

の2回は最低でも磨きましょう。

 

歯を白くするためには、食べカスの着色を防ぐ必要があります。そのため朝・昼・晩の毎食後に歯を磨くのが理想。日中は外出して歯を磨けない場合は、水で口をゆすぎましょう。

 

歯を白くする歯磨きのタイミング

虫歯や黄ばみ予防の観点で見れば、食後は早めに歯を磨いた方が良いです。

 

かつて『食後30分は歯を磨いていけない』という説が広まりました。食後、口内が酸性の状態で歯を磨くとエナメル質を削ってしまう…という説ですが、日本人の歯質には当てはまりにくいようです。神経質に気にする必要はありません。

 

歯を白くする磨き方Q&A

歯を磨く前

歯を白くする磨き方 歯磨き粉

Q.歯磨き粉は付ける?付けない?

A.付けても問題ありません。
歯磨き粉の使用は賛否分かれていますが、『正しく磨けていれば』歯磨き粉を付けた方がより白くすることができるでしょう。

 

なるべく発泡剤や研磨剤が少ないものを選び、優しく磨いてあげてください。

 

Q.水で濡らす?濡らさない?

A.歯磨き粉を使うならつけない方がいいです。
水を付けると歯磨き粉の泡立ちが良くなり、『奇麗に磨けている』と錯覚してしまいます。また歯磨き粉の成分が薄まり、歯を白くする働きも十分得られない可能性があります。

 

歯ブラシの選び方

歯を白くする磨き方 歯ブラシ

Q.歯ブラシの硬さはどれがいい?

A.基本は『普通』でOK。
歯茎が健康なら『ふつう』、歯肉のマッサージをしたい人なら『やわらかめ』がおすすめ。ただ同じ硬さでもメーカー毎にバラつきがあります。自分に合う1本を見つけてください。

 

Q.歯ブラシのサイズはどれがいい?

A.磨きやすいものを選びましょう。
口の大きさなど個人差がありますが、細かく磨くのが得意な人は小さめが適しています。

 

奥歯の外側など歯ブラシが入り込みにくい場合は、ヘッドが小さい歯ブラシに替えてみましょう。前歯は大きめヘッド、奥歯は小さめヘッドで使い分ける方法もあります。

 

Q.歯ブラシを交換するタイミングは?

A.毛が開いたら都度、早めが吉。
ライフスタイルによって変わりますが、毛先が歯ブラシの土台からはみ出しているなら交換時期。また毛に弾力が無くなると寿命なので、1〜2ヶ月で交換するのがおすすめ。

 

Q.歯ブラシが奥歯に届かない…

A.奥歯専用の歯ブラシがあります。
奥歯用の歯ブラシは毛の部分が極端に小さくなっており、細かいスキマに届きやすくなっています。ドラッグストアやAmazonなどネット通販で購入することができます。

>> 奥歯用歯ブラシをAmazonで探す

 

歯磨きが終わったら

歯を白くする磨き方 デンタルフロス

Q.デンタルフロスは使うべき?

A.使った方が虫歯を防げます。
歯の白さとは直接関係なく思えますが、デンタルフロスは口腔内の健康に役立ちます。「デンタルフロスを使うとプラーク除去率が2割高まる」とおっしゃる歯医者さんもいます。

 

虫歯や歯周病のチェックにも役立ち、口臭予防にもなります。歯磨きのあと毎回でなくてもいいので、夜の1回はデンタルフロスまでやればとってもキレイになりますよ。

参照:https://harasawa-dental.com/blog/170403/

Q.磨き残しがないか気になる…

A.『歯垢染色液』を使ってみましょう。
『歯垢染色液』は、歯の磨き残しを赤く染める液体です。歯医者さんや学校の検診で体験した人も多いと思います。

 

薬局の歯磨き用品コーナーや、Amazonなどネット通販で手に入ります。磨き残しが気になる場合はぜひセルフチェックしてみてください。

>> 歯垢染色液をAmazonで探す

 

 

さらにホワイトニング効果を求めるなら

歯の着色汚れを防ぐジェル

 

ステインがこびり付いた歯は、歯磨きだけでは完全に白くなりません。ステインを浮かせて落とすホワイトニング専用のジェルを使うか、歯医者さんでのホワイトニングが必要です。

 

ホワイトニングジェルなら

 

  • いつもの歯磨き粉と置き換えるだけでOK
  • 月々の費用がリーズナブル
  • 歯医者さんに通わず自宅でできる

 

などメリットがあります。使い方も簡単なので、あなたが白い歯を取り戻すサポートをしてくれますよ♪

 

 

▼簡単に黄ばみゴッソリ!▼

歯の黄ばみを取る方法 歯を白くする磨き方

 

 

>> 【歯の黄ばみを取る方法】  TOP

 

 

歯の黄ばみ取りの関連ページ
▼ホワイトニングの費用 ▼電動歯ブラシの効果
デンタルホワイトニング 費用 電動歯ブラシ 選び方
▼歯を白く保つ食べ物 ▼着色しやすい人の特徴
歯が綺麗になる食べ物 自分だけ歯が黄ばみやすい